【海外在住者向け情報】日本一時帰国中は免税制度を利用してお得に買い物しよう。手続き方法も紹介。

TAX FREE_アイキャッチ2 旅行の便利情報

こんにちは!海外旅行大好きビール大好き、いながき(@s1nagak1_beer)です!

日本にいる間は、あれも食べたい、それも買いたいと、何かとお金を使いますよね。
そこで海外在住者の特権「免税」を利用してすこしでもお得に買い物をして、その分美味しい日本食を食べましょう。
本記事では買い物から免税の手続きまで流れを追って説明します。

 

スポンサーリンク

免税制度とは?

海外に居住している日本人が海外へ持ち出すことを前提に日本で購入したものの代金から消費税分のお金が返金される制度です。

TAX FREE

免税の対象者

海外に居住している日本人もしくは非居住者(外国人が観光で来日している場合など)。
日本に入国して6ヶ月未満の人。
パスポートに入国のスタンプがある人。免税手続きをする際に提示しなければいけないので、帰国の際に必ずスタンプを押してもらってください。自動化ゲート利用だと申告しないとスタンプを押してもらえないので注意です。

パスポート_入国スタンプ

免税になる物

免税の対象になる金額は購入した物によって変わってきます。
一般物品のみの場合は5,000円以上(税抜)から対象。
消耗品が含まれている場合は5,000円~500,000円(税抜)が対象。
注意点としては同一日に同一店舗で上記の金額を購入しなければいけません。
また、消耗品は国外に持ち出すまで開封することができないように袋詰されます。

免税対象商品

(出典:イオン発行 TAX FREE SHOPPING GUIDE)

免税される金額

消費税分の金額が返ってきます。

 

イオンで買い物して免税手続きをしてみた

買い物をする

今回は近所のイオンで買い物をしました。
イオンが運営している売り場であれば「食料品コーナー」「衣料品コーナー」「ベビー用品コーナー」「文房具コーナー」など売り場が分かれていて会計が別になっても合算することができます。
注意点は同一日、同一店舗で買い物をすることです。

また僕は20日のお客様感謝デーを狙って行きました。
お客様感謝デーの日にイオンカードなどで支払いをすると代金が5%OFFになります。
免税による消費税の還付は5%引き後におこなわれるので5%引きと8%引きの二重取りができてとてもお得です。

サービスカウンターで免税手続き

購入した商品を持ってサービスカウンターへ行きます。
利用されるイオンが免税手続きをおこなっているかは各店舗のホームページで確認するか、サービスカウンターに「TAX FREE」の表示があるか確認してください。
小さな店舗では免税手続きをしていない場合があります。(写真の店舗は免税手続きをしていません。)

イオン_サービスカウンター

ここで「購入した商品」「レシート」「パスポート」を提示して免税の手続きをしてもらいます。

  1. 購入した商品の点数とレシートの内容が合っているか確認。
  2. パスポートの入国日の確認。
  3. 商品を開封できなくするためのパッキング
  4. パスポートに免税した旨のデータの書き込み
  5. 返金
商品のパッキング

商品は開封できないように、このように全容の袋にパッキングされます。
日本を出国するまでは開封しないようにしましょう。

パッキングされた商品

パスポートへのデータの書き込み

以前はパスポートにこのような書類をホッチキスで止められて、その書類を空港の税関で提出していましたが、今回は方法が電子化されていました。
パスポートのICチップのページの免税の情報が電子記録で書き込まれるようになりました。

内容物一覧表

返金

今回購入した金額が5,113円だったので、その消費税分の408円を現金で返金してもらいました。

 

空港での手続き

パッキング、チェックイン時

購入した品物は専用袋のままスーツケースにしまいましょう。
そのスーツケースは、飛行機の預け入れ荷物に預けてしまって大丈夫です。
税関では実際に品物を確認されることはありませんので、手元に持っておく必要はないです。

税関で申告する

手荷物検査を通過したあとにある税関のカウンターに向かいましょう。
先述したとおり、パスポートのICチップに免税のデータが記録されているので、カウンターでパスポートのICチップのページを読み取ってもらいます。
これで手続きは完了です。

成田空港_税関

 

最後に

日本に一時帰国した際は、食べたいものも買いたい物もいっぱいあってお金がいくらあっても足りないです。
なので免税制度を利用して少しでもお得にお買い物をして、その分美味しいものを食べましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました